「ブラン神父の無垢なる事件簿」G・K・チェスタートン

男たち(大男&小男)の後ろ姿を見立てて

ミステリーファンではないけど、嫌いではない。ホームズは知っていたけど、ブラウン神父作品は知らずに来てようやく積んでいた1冊を読んでみた。あとがき、解説、書評など読んでみると、もはや立派な古典として、読んでおくべき作品には… 続きを読む 「ブラン神父の無垢なる事件簿」G・K・チェスタートン

「雨・赤毛」S・モーム

サマセット・モーム作品、そのむかし「月と6ペンス」を読んだことがある。わかりやすいタイトルと、そこから内容が想像できないギャップに魅力を感じ、他の作品も読んでみたいと常々思っていたので、何冊か積んである。まずは軽めのこち… 続きを読む 「雨・赤毛」S・モーム