本1冊写真1枚

one book with a photo

ブコウスキー「パルプ」冴えない人物の愛車にはビートル?

映画「パルプ・フィクション」が有名だけどパルプ小説は蔑ろにできない

エルロイUSA3部作の第1作・悲しいかなイランをキューバーに置き換えると

冒頭「アメリカが清らかだったことはかつて一度もない」の言い切りがエルロイの犯罪小説の力強さを期待させる

「武州公秘話」は無骨な関東武士向きな話かも

谷崎45歳ごろの意欲作品たちだけど構成も複雑でテーマも盛り込み過ぎでもっとじっくり読みたい

酒場紹介ではない「ブコウスキーの酔いどれ紀行」

フォークシンガー訳による仏独を旅した紀行文とスナップ写真で気軽に楽しめる

星野道夫氏の作品は忘れていた何かを思い出させてくれる

作品として残ったものに星野道夫氏の思いが感じられるのは幸せなことだ

「真田太平記」第10~12巻・クライマックス「大坂夏の陣」とその後

文庫本12巻の大河小説も終り、生き残った兄・信行にまつわる短編集の趣も

生前未発表作も含めたヘミングウェイ最晩年の短編集~その3~

未発表含めた最晩年の短編集、戦争・父と息子・女・狩猟、など人生をば凝縮。

普通に特別を見出す武田泰淳夫人「遊覧日記」秀逸なセンス満載

普通の生活に踏もれた特別を昭和の雰囲気を添えて描いている

ラテン的な混沌のうちに語られる「予告された殺人の記録」

全ては明らかになってる殺人事件の謎を読むラテン小説

「犯罪小説集」の舞台となる東京日本橋にあった時代の忘れ物

谷崎出生地でもある東京日本橋近辺が小説の舞台に

胃弱な人の紀行文「上海游記|江南游記」は迫力に欠けるかなと

紀行文は胃腸と神経が丈夫な人の方が面白い

お家没落物語「斜陽」は少し貴族意識過剰ではないかなと

あまりにも有名な没落物語だけど自意識過剰で共感できない。

証券会社部長は詐欺の手口見破る「復讐するは我にあり」犯人の逃げ足は早い

「事実は小説よりも奇なり」を知らしめてくれるノンフィクション・ノベル

ヘミングウェイの人生充実?中期の短編集~その2~

脂のが乗り切っている時期のヘミングウェイ短編は男と女が裏と表で行き違い。

楽しければ重力なんてなくなる「重力ピエロ」

映画化もされた伊坂幸太郎作品で自分がベスト2と気に入っている作品の1つ!