漱石後期3部作第2作「行人」土地も人間模様も複雑になって…

再開発が進む東京にお江戸の雰囲気が残っている土地があると妙に安堵。漱石「行人」には高所観光地の代名詞として芝の「愛宕山」が!