本1冊写真1枚

one book with a photo

また米国ノーベル賞作家で今回はスタインベック「怒りの葡萄」上巻

今週のお題「読書の秋」

ノーベル賞作家をいろいろと

怒っている葡萄なんて見つからなかった

長らく「井伏&太宰」にはまっていたので、全く毛色が異なるものを読みたかった。長らく積んでいたこちらに挑戦。

f:id:yfroot425:20181119222251j:plain
日本の葡萄は怒らない?
Nikon D5300 with 35mm f1.8

画像の葡萄は怒っているようには見えないけど、長年の疑問が解明できつつあるのが嬉しい。

初めてタイトルを知ったのは、高校受験だか大学受験のころだったかも、葡萄は何に対して怒っているのか、ずうっと知りたいと思っていた。

この写真にちなんで、こちらを紹介したい。
怒りの葡萄」(上) スタインベック新潮文庫

訳者はこの方、大久保康雄氏。

かつて新潮文庫の英文モノは全てと言いたいほど、この方のお名前。今となっては、この方の訳も少しバタ臭いかな。

って、何がかと言えば... 田舎っぽさを演出するため、訛った語り口調をさせるのだが、女性や若い男子にその口調はないかな?みたいな。逆に、それがいいのかもですが。

葡萄は何に怒っていたのか?

オリジナルのタイトルもずばり「The Grapes of Wrath」、作家のジョン・スタインベックは1962年にノーベル文学賞を受賞していた!(ノーベル賞作家でしたか)

初版は1939年というから、日本だと昭和14年かな。上巻は世界恐慌と重なる1930年代、オクラホマ州で土地を奪われた三世代12人+αが仕事を求めてカルフォルニアへ向かうロードムービー調なのだが、正直笑える類のものではない。

+αのうちの1人、元説教師の語り

「わしはもう、ろくすっぽ説教はやらねえだ。このごろの人間には、もうあまり霊はいねえし、もっと悪いことに、わしのなかにも霊がいなくなっちまった。(略)」

全体の基調には宗教色も漂わせているのだが、それをあえて否定することで漂わせる。この元説教師も下巻で重要な役割を担う。そして、土地を出て行く理由はトラクター。

おまえたちには、この土地から出て行ってもらわなければならないだろうな。トラクターの鍬が、この前庭を通ることになるからね。

ラクターでの耕しを、土地への強姦に例えての描写もある。理由はさほど重要でなく、出て行かないと物語は動かないので。あえて人間の本質に触れつつ、ロードムービーを映し始めるのだが、

「人間ってものは、一つの場所に住みなれると、なかなか離れられねえもんだよ」

刑務所から出所したばかりの主人公は

「(略)あそこじゃ、自分がいつ出所できるかなんてことは考えちゃいられねえだよ。そんなことを考えたら気が狂っちまうだ。だから、その日その日のことだけ考えるようにするんだ。(略)」

ロードムービーの到着点を夢見て先に進むのだが、弱い人間から壊れて行くのが、この物語の怖いところか。

半分くらい過ぎて、ようやく登場人物(主人公の家族)の具体的な説明が始まる。

あまりに能率的なので、土地のもつ、また土地の働きがもつ驚異など消えてしまうのだ。そして、そのような驚異の心とともに、深い理解や親しみの心も消えてゆくのである。

要するに土地を追われ、新しい土地を求めて移動するのだけど... 「新天地を求めて」って日本にはなかった(過去形)タイプの小説だと思った。

背後にある恐怖から逃亡する人々ーー彼らには奇妙なことが起る。あるものは、あまりに苛烈であり、あるものは、あまりに美しい。

辛い話が多く読む方も少し辛い。まあ、美化してくれる方が少し救われる。

西部の土地は、いまはじまりつつある変化におびえていた。西部諸州は、雷と嵐の前の馬のようにおびえていた。大地主たちは、その変化の性質はわからぬながら、おびえている変化を感じとっていた。

とにかく人間を追い詰める。

こうして盗んだ土地を、彼らは鉄砲でまもった。(略)メキシコ人は弱いうえに腹もすかしてはいなかった。土地をほしがるアメリカ人ほど無我夢中でほしいと思うものは、彼らには、この世で何一つなかったから、とても抵抗できたものではなかった。

で、葡萄はいつ登場するのか(葡萄は多分ロードムービをしている人たちなのかな)?

葡萄は何を怒っているのか(これだけ追い詰められるのだから、怒りたくもなるかな)?

目下、頑張って下巻読んでいる。

同じアメリカ人ノーベル賞作家でもあるヘミングウェイやフォークナーとは異なる、Theアメリカンな(アメリカらしい)小説かなと、辛いなりに興味深く読んでいる。結構、結末も気になっている。

是非、他のノーベル賞作家の作品も! www.1book.jp

この1冊でした

怒りの葡萄 (上巻) (新潮文庫)

怒りの葡萄 (上巻) (新潮文庫)

GoTop