本1冊写真1枚

one book with a photo

昭和の作品

病弱という不遇な自分を作品へ昇華「檸檬」ほか

長編でガッツリ読ませるというより鋭敏な感性で目にしたものから小説空間が生まれる。

東京市向島区寺島町(玉の井)での暮らし「寺島町奇譚」

ガロの執筆者・滝田ゆうが育った戦前の玉の井での暮らしぶりを独特の線画で描く漫画の読み応えは重量級

「菜の花の沖」1&2巻・江戸時代の物流網を知りたくて廻船商人の話

瀬戸内海から日本海へ回って目にする伯耆富士である鳥取大山を見て主人公は何を思ったか?

横溝短編「黒猫亭事件」にちなんで神々しい黒猫をば

長編は名家である本陣で起こった密室殺人、短編は黒猫亭で起こった首なし殺人事件

太宰の昔ばなし「お伽草紙」オチにはスパイシーな毒気が

カチカチ山でウサギに敵討ちをされるほどタヌキは悪者か?

茶懐石「辻留」二代目主人による「料理心得帳」

作品内で語れる今も現代からみればもはや昔、もっと食べることを大切にしたい

もっと座布団の由来を読みたい「夫婦善哉」大阪短編集

大阪らしい大阪が似合う短編集、著者の長編が読めないのが残念

「武州公秘話」は無骨な関東武士向きな話かも

谷崎45歳ごろの意欲作品たちだけど構成も複雑でテーマも盛り込み過ぎでもっとじっくり読みたい

「真田太平記」第10~12巻・クライマックス「大坂夏の陣」とその後

文庫本12巻の大河小説も終り、生き残った兄・信行にまつわる短編集の趣も

普通に特別を見出す武田泰淳夫人「遊覧日記」秀逸なセンス満載

普通の生活に踏もれた特別を昭和の雰囲気を添えて描いている

「犯罪小説集」の舞台となる東京日本橋にあった時代の忘れ物

谷崎出生地でもある東京日本橋近辺が小説の舞台に

お家没落物語「斜陽」は少し貴族意識過剰ではないかなと

あまりにも有名な没落物語だけど自意識過剰で共感できない。

証券会社部長は詐欺の手口見破る「復讐するは我にあり」犯人の逃げ足は早い

「事実は小説よりも奇なり」を知らしめてくれるノンフィクション・ノベル

火宅の作家・檀ふみパパによる短編集「花筐」

「火宅の人」の著者・檀一雄氏による短編「花筐」と2017年に公開された映画が気になる。

生え抜き江戸っ子は文学藝術で活躍という大谷崎「青春物語」

自分にとってノーベル賞をとって欲しかったと思う作家・谷崎潤一郎の自身による青春時代のお話。

明治女子が着物で人間模様を語る「もめん随筆」エッセイ

近所に着物を売っている店があり、前を通るたび「誰が買うのかな?」と思っている。幸田文女史もそうだったけれど、明治生まれの女子は、着物を通じて人間模様を語るのが上手だなと。

和田誠イラスト「ぼくのおじさん」自分のことのように思える

40年前の旺文社「ぼくのおじさん」は自分にとって特別の思い出。和田誠イラストともに文庫本になって映画になった。

麻生太郎氏の伯父が「旅の時間」で流れる時間を描く10編

生きた時代や環境が違うと、旅でここまで色々なことを感じることができることに驚き。改めて流れている時を意識せずにはいられない。

古代中国史で読む「李陵・山月記」名人偉人の生き様は?

日本芸術界を代表する芸大の音楽ホールで名人芸を堪能した。願わくば、自分も一芸に秀でた人生を送りたいものの、古代中国を舞台にした偉人たちの人生は?

「真田太平記」第8&9巻・秀頼の成長に驚いて豊家の終わりが始まる

現存する二条城は初代家康より15代慶喜が似合うと思うけど、ここで成長した秀頼を目にした家康は豊家撲滅を決意したらしい。

むかしの美味しいが、どういうものか気になる「味覚極楽」

平安時代から存在する氷を削ったかき氷、近年はインスタ映えも意識してか先鋭化してるかな? むかしの人が美味しいと言っていた味はいつも気になる。

狂い咲く巨大泰山木と枇杷の木は脳病院跡地?「夜と霧の隅で」を読んだ

全く根拠のない話だが、自分はこの巨大泰山木と枇杷の木は脳病院跡地だった”らしい”という思い込みがある。躁鬱の鬱の彼方へ飛んでいきそうな危険性が...

「真田太平記」第6&7巻・真田の赤備は鹿の角に赤ヘルで正面には六文銭だぜ

初めて信州の真田氏が2度に渡って徳川軍の攻めをしのいだ上田城跡に行ってみた。昔をしのぶほど面影はないが、赤備の赤ヘルの存在感が見事だった。

「真田太平記」第5巻・信州戸隠には戦国時代の地霊が眠っていそう

wikipediaでは猿飛佐助は戸隠で修行とあるが実際には?だけど、戸隠には今でも戦国時代からの変わらぬ風景を体感できそう。

「真田太平記」第4巻・忍びの者たちの話だけど善福寺池が少し登場

「真田太平記」第4巻は、真田家に仕える忍びの者たちの壮絶な話。なのに、ふと我が家の近所にある井の頭池や善福寺池が登場するので、写真は春の善福寺池!

太宰治が描く実朝「割れて砕けてさけて散るかも」な気持ち

読まず嫌いだった太宰治だけど、その人となりなどわかって作品を読み進めてゆくと、著者の思いが伝わってくる。何かを書き伝えたい人だったんだろうなと。

小さな幸せを大切にしたいと思わせる小説「夕べの雲」

2021年まで年2回公開される小説家・庄野潤三氏「山の上の家」に鎮座する備前焼きの甕をとくと眺めてみることは...。

「真田太平記」第3巻・日本のダボス菅平への中継地、信州上田攻めらるる

昭和レトロな雰囲気と四季の果物のジャムで有名なみすゞ飴本舗は信州上田にある。次はみすゞ飴ばかりでなく、総攻撃を受けた上田城にも行かねばなるまい。

「太陽の子」沖縄料理店で展開されるまだまだ知らない沖縄

この画像には多くの沖縄ネタが詰まっている。国道58号は自分にとっての青梅街道か!まだまだ沖縄の知らないことは多い。

「真田太平記」第2巻・別所温泉は地味でも再訪したい土地

池波正太郎「真田太平記」を読んでから訪れる信州の鎌倉!?別所温泉は、読まないで来るのとは違う感慨がある。是非また行ってみたい。