本1冊写真1枚

one book with a photo

撮影地:関西

和歌山熊野の神倉神社から見える枯木灘はこんなに穏やかなのに

中上健次ワールドの代表「枯木灘」は重い小説だったけど、実際の光景はとても穏やかな心落ち着くものだったかなと。

世界遺産だけではない!中上健次の熊野は呪われた小説空間?

つかみどころがわからなかった中上健次の「紀州サーガ」、実際に彼の地を歩きながらその息苦しさを感じてみようかなと。

日本のエリート知能指数の高さを綴る湯川秀樹自伝「旅人」

いつもお世話になっている「第4回ドキドキ☆スマートレターで文庫交換会」に参加。自分の選書は、日本初のノーベル賞学者・湯川秀樹氏の自伝。大正&昭和初期のエリート家族の生活が伺える。

源氏物語・第4帖夕顔で描かれる「清水の方」は清水寺らしい

まずは初心者向きのおせいどん(田辺聖子女史)による源氏物語訳で知識を蓄え、来年は京都にゆきたい。

GoTop