本1冊写真1枚

one book with a photo

ノーベル賞作家

ノーベル文学賞受賞作家の作品を紹介、是非読んでおきたいかなと。

ヘミングウェイの男っぽい(Masculine)短編集

大好きな作家・ヘミングウェイ全短編集のまず1は、初期の作品。試行錯誤の姿勢も感じられるけど、小説のテーマもその扱い方もすでにヘミングウェイかなと。やっぱり好きだなと改て思った。

「怒りの葡萄」下巻、辛い環境下における葡萄の結末は?

米国のノーベル賞作家スタインベック「怒りの葡萄」で主人公家族は葡萄の収穫だけでなく、桃や綿も収穫する。その貧困生活の行きつく結末は?

また米国ノーベル賞作家で今回はスタインベック「怒りの葡萄」上巻

またまた米国ノーベル賞作家で今回はスタインベック。長年の疑問だった「怒りの葡萄」の怒りの原因を突き止めるべく読み進める。「エデンの東」の作家でもあるのね。

日本のエリート知能指数の高さを綴る湯川秀樹自伝「旅人」

いつもお世話になっている「第4回ドキドキ☆スマートレターで文庫交換会」に参加。自分の選書は、日本初のノーベル賞学者・湯川秀樹氏の自伝。大正&昭和初期のエリート家族の生活が伺える。

クッツェー「恥辱」アフリカのザラつく読後感のある小説だけど

ブッカー&ノーベル賞受賞作で長年読んでみたいと思っていた小説を気分も変えて読んでみた。生活環境の違いに共感得難いところもあるが... 生きるということを実感したかも。

晩夏を期待しつつ読んでみた米国南部の物語「八月の光」

フォークナー「八月の光」晩夏を期待しつつ読んでみた米国南部の物語、抽象的なタイトルだったけど、内容との関連性は自分好みのタイプかなと。

フォークナー南部アメリカの作品を読んでみたいと思っていた

街中にある国旗風景を撮り貯めているけど、星条旗は意外に少ない。また久々にアメリカ作品にひたりたい、ということでノーベル賞作家のフォークナーに挑戦。

越後湯沢のこの雪を見ると「雪国」を何度でも読みたくなる

学生時代からスキーで越後湯沢を何度も訪れているが、このドカ雪に惹かれ「雪国」読みたくなる。雪災害で苦しんでいる方には申し訳ないが。

川端康成はモチーフ使いが巧み、線香花火の儚さは日本の美だと思う

季節外れだが、線香花火の儚さは日本の美だと思いながら川端康成「掌の小説」を読む。モチーフ(花火など)使いも巧み。

花付きサボテンの表紙に惹きつけられたG.マルケス「エレンディラ」

ジャケ買いで手が伸びたG.ガルシア=マルケスの短編集。大人の残酷な童話、ラテンアメリカの魔術的リアリズムを考えながら読んでしまった。

ヘミングウェイ「移動祝祭日」の意味は?

自分にとっての移動祝祭日のイメージとヘミングウェイの「移動祝祭日」の意味について