本1冊写真1枚

one book with a photo

インドを愛する人たちの「インドよ!」を読んで

カレーを食べに行ってみると

大岩食堂は西荻窪駅南口すぐにある、日本人マスターが作るインドカレーのお店です。

f:id:yfroot425:20170419230647j:plain Sony a7 with NIKKOR 50mm f1.4

マスターのチキンビリヤニ最高だよ、チキンにフォーカス当てて。

この写真にちなんで、こちらを紹介したい。
インドよ!東京スパイス番長(シャンカール・ノグチ/ナイル善己/メタ・バラッツ/水野仁輔)

ビリヤニが食べたくて行くと、ちょうどカウンターが空き始めたとこだった。「シャンカール・ノグチさん知ってる? 今、いたでしょう」とマスターが教えてくれた。

すみません「知りません」と答えると、「東京カリ〜番長知ってます?」と言うので、「聞いたことあります」と返答すると「カリー番長のスパイス番長だよ...」とカレー談義で盛り上がりました。

大岩食堂

食べログ大岩食堂

インドを愛する人たちが語るインド

聞いたことある「東京カリ〜番長」とは出張料理ユニットと説明されていたけど、

  • シャンカール・ノグチ(インドアメリカン貿易商会3代目)
  • ナイル善己(銀座の老舗インド料理店「ナイルレストラン」3代目)
  • メタ・バラッツ(「アナン株式会社」2代目)
  • 水野仁輔

の4名がメンバーで、先の3人はインドの血が流れている方のようです。マスターからノグチ氏を教えてもらった時、この本も紹介してくれました。

4名が各々、自分たちのルーツにまつわることや、みんなでインドを旅したことなど写真を交えて語ってます。その中で私がかなり印象に残った話が、メタ・バラッツ氏が綴った

インドには文化があり、歴史があり、広大な土地には豊富な資源がある。教育や歴史を積み重ねてきたインドには、技術や知識も豊富だ。今はITばかりに注目が集まるが、独立運動の大きな柱の一つとなったカディも、大事なインドの技術、文化資産だと思う。

という部分。

「カディ」とは手紡ぎ、手織りの完全なる手作り生地のこと。

とあり、要するに(極端な言い方をすれば)糸を紡ぐ紡ぐ仕事は誰でもでき、(インドは)豊かな資源に支えられ、自国の産業を確立することができる。産業があるということは、独立するための重要な要素なんだということ。

マスターからはカレー話の延長で紹介された本だったのですが、みなさん、カレーの話ばかりではないんです。結構真面目なことも多く語っていて、新しいモノの見方も教えてくれます。

この1冊でした

インドよ! (momo book)

インドよ! (momo book)

GoTop