本1冊写真1枚

one book with a photo

*画集や漫画

美術集とか漫画などを紹介

お江戸漫画タイトルは「散れば咲き散れば咲きして百日紅」から

強烈な杉浦日向子女史によるお江戸の世界。その線画だけでなく、ストーリーも読ませるから素晴らしい。歌舞伎役者が演じるなら、お栄はやっぱり... 誰がいいかな。

芥川龍之介に見いだされ、つげ義春が漫画に描いた作品「無能の人」

「芥川龍之介に見いだされ、山頭火に慕われ、つげ義春が漫画に描いた」と言われる伊那の井月を含む短編小説のような作品集

「『坊ちゃん』の時代」で漱石も訪れた加賀百万石屋敷跡の池のふち

東京大学本郷キャンパスはかつての加賀百万石のお屋敷跡、三四郎池は殿様のお庭であった。小説三四郎の舞台にもなったせいか、つい夏目漱石の小説が読みたくなる。

アイスこそコーヒーの底力が試される「珈琲のことば」かも

「珈琲のことば 木版画で味わう90人の名言」はコーヒーに関する著名人の発言が木版で摺られている。是非美味しいコーヒーがあるブックカフェに置いて欲しい1冊。

山高登氏の版画の景色が残っていた

新潮社だった東京の編集者「山高登」さんの木版画「本郷菊坂」の風景が時代の空気感を保っててくれた。

GoTop