本1冊写真1枚

one book with a photo

撮影地:長野県

「真田太平記」の予習で地味に楽しむ別所温泉

信州・上田電鉄別所線の「別所温泉駅」は「信州の鎌倉」であり、池波翔太郎「真田太平記」での重要な舞台らしい。読本で予習。

テーマパーク化する前に「夜明け前」木曽路へGO

小説「夜明け前」冒頭の「木曾路はすべて山の中である」を体感したくて奈良井宿に行ってみた。次回は是非とも馬籠宿まで行きたい。

「和宮様御留」当時の面影ある木曽路奈良井宿

有吉佐和子「和宮様御留」で木曽路への言及は少ないが、幕末、東海道の裏街道木曽路で和宮は徳川将軍家へお嫁に、ここ奈良井宿では休憩を。未だに当時の面影残っている。

藤沢周平「一茶」に描かれるお江戸のフリーランス

藤沢周平氏「一茶」に描かれるお江戸のフリーランス。晩年は故郷の信州に戻り、パトロンがいた湯田中温泉にも訪れる。静かで味わいある温泉街。

夏目漱石が「夢十夜」でみていた夢は?

長野県善光寺の仁王門にある金剛力士の足を見ながら、運慶は彫ったのではなく掘ったという話は夏目漱石の小説だったのか?

GoTop