読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本1冊写真1枚

one book with a photo

貧乏と薄幸な女性の描写に説得力「にごりえ・たけくらべ」

本郷菊坂に残る樋口一葉旧居跡の井戸

樋口一葉が亡くなったのは1896(明治29)年、こちらの井戸に明治の名残は全くなし…。

f:id:yfroot425:20170506220811j:plain Sony a7 with NIKKOR 50mm f1.4

カメラの設定もイケてなかったのですが、逆にこういうのもいいかなと。このレンズのボワっとした写りと背景の色彩がもはや時代不明感。

この写真にちなんで、こちらを紹介したい。
にごりえたけくらべ 樋口一葉

続きを読む

山高登氏の版画の景色が残っていた

本郷菊坂で発見!むかし昭和の空気感

なんだか予感がして、脇道逸れて小道を行くと…

f:id:yfroot425:20170504223628j:plain Nikon D7200 with SIGMA 18-300mm

文京区本郷4丁目32。

この写真にちなんで、こちらを紹介したい。
東京昭和百景―山高登木版画

続きを読む

ヘミングウェイ「移動祝祭日」の意味は?

今週のお題ゴールデンウィーク2017」

“移動”祝祭日とは日常がいっとき祭りになること?

GWの初日、杉並の高円寺は街が劇場!というコンセプトで「びっくり大道芸」が開催されるが、こういうのが「移動祝祭日」かと自分は思っていた。

f:id:yfroot425:20170502223704j:plain Nikon D7200 with SIGMA 18-300mm

写真はウォーキング・アクトという、竹馬らしき乗り物で街を回遊する。

地元で手軽に楽しめる休日はお気楽娯楽

この写真にちなんで、こちらを紹介したい。
移動祝祭日ヘミングウェイ

続きを読む

深川は現在の匂いしかしないが「あやかしの深川」だったらしい

ここも深川?かつては貯木場だった木場

そっけない、だけど意味ある「木場」という地名の響きが好きだ。

f:id:yfroot425:20170427235037j:plain Nikon S2 with JUPITER-8 50mm f2

今では「新木場」もあり、かつての木場は埋め立てられて木場公園となっている。木場は深川地域に含まれるのか? それともお隣なのかな。

この写真にちなんで、こちらを紹介したい。
あやかしの深川: 受け継がれる怪異な土地の物語東雅夫(編)

続きを読む

夏目漱石が「夢十夜」でみていた夢は?

長野県善光寺の仁王門にある金剛力士の足

これ彫ったの?

f:id:yfroot425:20170427003255j:plain Nikon D5300 with 35mm f1.8

ペディキュアを気持ちよく塗れそう… という形の良い爪も気になったが、もはや木像というより肉体を感じる。小指に力が入って踏ん張っている感じもいい。

接木なのか、経年変化で割れが生じているのか、詳しいことは不明だけど、木の質感が乏しいかと。

この写真にちなんで、こちらを紹介したい。
文鳥夢十夜夏目漱石

続きを読む

「私の東京地図」に書かれた男と女の恋愛事情は

著書が住んだ昭和初期の東京

小説の舞台は上野、日本橋界隈から神楽坂や高田馬場へ移ってくるが、今の東京はどこも同じように(私には)見えてしまう。

f:id:yfroot425:20170425235555j:plain Nikon S2 with JUPITER-8 50mm f2

梅雨のはじめの神楽坂。指圧や箏曲の先生宅のようですが、むかしの花街に似合いそうな雰囲気かなと。

この写真にちなんで、こちらを紹介したい。
私の東京地図佐多稲子

続きを読む

インドを愛する人たちの「インドよ!」を読んで

カレーを食べに行ってみると

大岩食堂は西荻窪駅南口すぐにある、日本人マスターが作るインドカレーのお店です。

f:id:yfroot425:20170419230647j:plain Sony a7 with NIKKOR 50mm f1.4

マスターのチキンビリヤニ最高だよ、チキンにフォーカス当てて。

この写真にちなんで、こちらを紹介したい。
インドよ!東京スパイス番長(シャンカール・ノグチ/ナイル善己/メタ・バラッツ/水野仁輔)

続きを読む
GoTop